ブランディングイメージ(デジタライブ株式会社)

工場内で稼働中のWindowsNT・Windows2000・WindowsXP端末の老朽化にお困りのあなたに朗報!

端末更新に画期的対策!
老朽化した端末を仮想化することにより設備の更新費を飛躍的に抑えられます。

  • Windowsだけ更新したいのに、ソフトが対応していないと周辺設備の更新も必要とされ高額の見積もりが来た。
  • モーターやポンプ等はパーツも入手でき交換で対応できるのにWindows端末だけブラックボックス化していて手が出せない。
  • 更新中の設備使用不能期間を回避したい。
  • 更新した設備の操作手順を新しくする手間を掛けたくない。
画期的な解決策
劣化PCのイラスト

老朽化したWindows端末からデータを抜き出し仮想化技術を用いてWindows7上で動作させます。更新が必要なWindows端末だけを更新できますので、低価格で更新でき、今までと全く同じ操作で動作します。

  • 寿命の短いWindows端末だけを更新するので安価に設備の維持が可能になります。
  • 今までの環境をそのまま移植できるため使い慣れた操作方法で操業を続けられます。
    (マニュアルも新たに作る必要がありません。)
  • 所要時間は半日程度と短く操業への影響は軽微です。
    (週末や夜間作業に対応しております。)

仮想化による端末更新の優位性

設備の更新のために高額の見積りにお困りではありませんか?

製造業の設備制御や社内システムのほとんどでWindows端末が使われるようになりました。パソコンが普及したため作業者の操作の習得のハードルが低くなった上、温度データや工程の状態、設備の稼働状況やステータスが画面に集約できるため集中管理が容易になったためです。

それらの設備が更新の時期を迎えようとしています。しかしながら施工業者の高額の見積りに更新を躊躇されていませんか?

デジタライブでは仮想化により安価な更新方法を提供いたします。

パソコンはライフサイクルの短い機械です。

設備やシステムを一度導入したら10年から15年は使いたいものです。
ところがパソコンのパーツの規格の移り変わりが激しいため全く同じパーツが手に入りにくく
結果的にライフサイクルが短くなってしまっているのが現状です。

設備の代表例として自動車とパソコンをパーツの入手に関して見てみますと、
導入3年後に自動車では車検がありますが、整備の際には新品パーツがなんの問題なく入手できます。
しかしパソコンの場合は同型で使用している専用パーツ(マザーボードや電源ユニット)が
生産を終了してしまい手に入らなくなってしまいます。

自動車の場合は7年経過した3回目の車検でも保守パーツは問題なく入手できますが、
パソコンの場合はOSをはじめとした各パーツの入手が中古品を含めて非常に厳しくなってしまいます。

したがって導入から7年程度でパソコンの更新を口実とした更新の話が上がってきます。

専用ソフトによるブラックボックス化の大きな壁

この時、施工業者の用意した専用ソフトを使っている弊害が顕在化してしまいます。
新しいパソコンを調達しても専用ソフトにてブラックボックス化されてしまっているので
施工業者を頼らない限りパソコンを更新することができなくなってしまいます。
当然、施工業者はソフトのバージョンを含めた根本的な更新以外は行ってくれません。

通常であれば施工業者の言いなりの設備更新を行うことになってしまいます。
この時の更新範囲で大きな問題が起きてしまうのです。

芋づる式の更新範囲の拡大で高額な見積もり費用が負担に・・・

パソコンの劣化から設備の更新の話が始まったはずです。
しかしながらパソコンが更新されるとWindowsのOSが変わります。
WindowsのOSが変わるとそれに対応した専用ソフトの更新が必要になります。
専用ソフトが更新されるとそれに対応したコントロールユニットの更新が必要になります。

このように更新範囲が芋づる的に広がって、大型設備では一千万円を超えるような
高額な更新費用が必要になり大きな負担となっていました。

デジタライブでは仮想化を活用しパソコンだけの更新を実現いたしました!

このような悩みを解決するためデジタライブ株式会社は豊富なパソコンハードウェア知識を活かし
仮想化を活用してパソコンだけを更新する方法を確立いたしました。

これにより現行のパーツが豊富に入手できるWindows7のパソコン上で古いOS
(Windows NT 4.0、Windows Me、Windows 2000、Windows XP)が
1つのアプリケーションとして動作し、今までと全く同じ操作で動作します。

仮想化による端末更新の優位性についてもっと詳しく見る

設備更新作業の流れについての説明 お問合せ

ご挨拶

デジタライブでは老朽化したパーツの入手が困難な工場内のWindows端末をリフレッシュしたいという声に対し、仮想化技術でお答えするために創業した会社です。工場設備にWindowsNT・Windows2000・WindowsXPを使用しており保守にお悩みでしたら自動倉庫・工場設備制御・測定装置問わずご相談ください。

トピックス

導入事例1 導入事例2
メインコンテンツ終了